Xpのシェアが50%を切る

 WindowsXpは、2002年に発表され、今年で9年間使われてきました。コンピューターの世界は「Dog Year(犬の年齢)」と言われ、1年で7歳年をとると言われています。従って、WindowsXpは63歳なのです。これまでのWindowsの3倍以上の期間使われてきました。サポートも2014年4月まで延長されています。このまま行けば、84歳の天寿を全うするのかもしれません。子供のWindowsVistaはすでにサポート終了を向かえ、孫のWindows7がシェアを伸ばしています。
 2011年の8月までは、Xpが50%、7が29%でしたが、10月にはXpは50%を切って46%、7が33%に延ばしてきました。来年の4月には逆転するでしょう。選手交代の時期は迫っています。
 それでもXpを使い続けていますが、さすがに最近は障害が増えてきています。WindowsUpdateをインストールするたびに、ディスクの空きが減り、起動が遅くなり、何よりもインターネットが遅くなってきました。Microsoft社も、ここまで長く使われるとは想定していなかったので、新しい時代の規格の中で何とか使えるようにするupdateも限界なのでしょう。ハードディスクがGB(ギガバイト)からTB(テラバイト)に変わり、RAMメモリーもMB(メガバイト)からGBの単位に増えています。これらは基本の性能なので、部品交換では対応できません。ディスプレーを買い換えたくとも、今の製品は地デジスタイルの横長がほとんどで、この横長のディスプレーに対応するXpパソコンは殆どありません。希少な4:3の四角いものを買わないと、ゆがんだ画面で使うことになります。
 Win坊のメインのコンピューターは、2004年4月に購入したもので、既に7年ものになっています。この間、ハードディスクは交換し、メモリーも2GBまで増やしていますが、さすがに老化が目立ち、起動するのに10分くらいかかります。起動時にインストールされるドライバのどこかに問題があるようで、音が正常に出ないことが2回に1回あります。10分かかるといっても、3・4分で使用可能にはなりますが、ハードディスクがカリカリなっている起動途中で操作すると、こうしたトラブルが起こり、再起動しないといけなくなります。そこで、最近は、いったん起動したら1週間はシャットダウンしないようにしています。使用後に、スタンバイモードにして、殆ど電源を使わないモードでとめています。今までは、スタンバイは、トラブルを嫌ってあまり使わなかったのですが、結構使えます。節電にもなります。
 ハードディスクのメインテナンスで、最近実行したのは、Cドライブwindowsの中にある、KB****.logというアップデートの履歴ファイルです。これはWindowsUpdateがインストールされるたびに作られ、問題が起きてUpdateを削除するときに使われるようですが、大量にあるlogファイルは、ハードディスクの無駄になっています。念のため、ごく最近のものを除いてすべて削除しました。
 もう一つは、ちょっと面倒ですが、テンポラリーファイルの削除を実行しました。これは、キャッシュファイルと言って、起動時によく使うものはまとめて読み込むために、1ヶ所にまとめてあるものです。これが壊れると、デスクトップのアイコンやフォントが変わってしまったり、ドライバが壊れたままになっている場合があります。いったん削除すると、起動時に読み直して再編成するので時間がかかりますが、テンポラリーフォルダには使われていないものや壊れているものがあるので、きれいにしておくと良いでしょう。

コメントする