Camスキャナーの使い方

カムスキャナーとは、カメラでスキャンするという意味です。原稿をベッドに置いてスキャンすれば、歪むことなく画像やドキュメントを取り込むことができます。しかし、カメラで写真を撮って保存しようとすると、傾いたり遠近の狂いで台形に歪んでしまいます。これを、自動で補正してくれるのがカメラ・スキャナー(Camsyanner)です。張り紙の絵や文書などを、カメラで撮って、pdfやjpegのファイルを作れるのが、カムスキャナーです。無料版で十分使えます。コマーシャルがうっとうしい人は有料版を購入してください。

clip_image001

◎インストールと最初の起動

GooglePlayやAppleStoreで、camsまで入れて検索すれば出てきます。

clip_image001[5]

インストールボタンでインストールし、開くボタンで起動します。

最初に、メールアドレスとパスワードを入れて登録する必要があります。カメラで取り込んだデータは、無料のクラウドに保存され、スマホには保存されないからです。また、カメラを使うことの許可を求められます。最初だけなので、実行してください。

◎使い方

起動すると、今まで取り込んだデータと、下に新規のためのカメラボタンが表示されます。このとき、数秒のコマーシャルが出ます。カメラボタンで、カメラを起動します。

取り込みたい絵が入れば、このように台形ひずみがあっても構いません。ここが凄い!

clip_image001[7]

左は、自動判定された画面です。

四隅が自動的に判定されますが、上が間違っているので○をドラッグして直し、右下のチェックを押します。

clip_image002

モード切替の選択が出ますが、通常は自動で良いでしょう。モノクロにする場合、グレーも選べます。

チェックボタンで進むと、クラウドに新規画像が保存されます。

clip_image003

◎この画像を共有するには

データは、スマホには残っていません。これを使うことを共有と言います。右上の共有ボタンを押します。

どの形式で、何のアプリで共有するのか選択します。

pdfは、文字画像の場合便利です。pdfが開けない端末は無いと思いますが、画面の中で見せるにはjpegの方が良いです。これは、クラウドへの保存形式を選ぶのでなく、共有する際に選べます。スマホには残りませんが、でーたはクラウドに残され、いつでも共有できます。

android端末では、フォトにアップロードしておけば、自分の端末に保存されいつで見使えます。

直接メールやlineで共有することもできます。

その場合、共有方式を選んだあとはそれぞれのアプリが起動するので、アプリの使い方になります。

左は、メールを選んだ場合、右は、lineを選んだ場合です。メールなら、メールアドレス・件名・本文を入れて送信します。Lineなら、友達一覧からチェックを入れて確認を押し、トークで共有を選びます。lineは、文章は別なので、選んだ瞬間画像は送信されます。

clip_image001[9]

◎注意

既に撮影した写真からスキャンはできません。このアプリから撮影してください。