スライドショーをムービーメーカーで作る

スライドショーは、複数の静止画をまとめて表示するものですが、flash動画を作って表示する方法は、今や一般的ではありません。mp4の動画で作れば、インターネット経由の共有も簡単にできます。youtubeのスライドショー作成が無くなってしまったので、windowsのムービーメーカーを使って作る方法を紹介します。

●使う複数の写真を、まとめておく

この時、きれいなスライドショーを作るため、動画サイズに合わせて画像を用意します。基本は、4:3か16:9のどちらかです。縦横や、サイズの異なるものを使うと、美しいスライドショーになりません。画像処理ソフトで、縦横比は編集しておきましょう。最終的には動画になるので、画素数は異なっていて構いません。

使う写真に合わせて、最初にムービーメーカーのプロジェクトメニューで、4:3(標準)か16:9(ワイドスクリーン)かを選択しておきます。

clip_image001

●ドラッグで、写真を挿入する。

使う写真は、デスクトップにまとめておき、順に右側の窓にドラッグして挿入します。

clip_image002

clip_image003

初期設定では、1枚の写真が7秒の表示になります。右下の+-で、1枚の写真の駒表示が変わりますが、表示時間はここでは変わりません。

●写真の切り替え効果を選ぶ。

アニメーションメニューを開き、切り替え効果を選びます。右下のボタンを開くと、より多くの効果が選べます。

clip_image004

下の方に、高価な動画ソフトにしかなかった、カールのページ切り替えもあります。

clip_image005

切り替え効果は、写真ごとに選べますが、面倒なので「すべてに適用」をクリックします。

clip_image006

切り替え効果は、2枚目の前から付きます。その時間は、写真の表示時間の中に含まれます。初期の1.5秒というのは、7秒のうちの1.5秒で、写真は5.5秒表示されます。

●テキストを挿入する

ホームメニューに戻り、写真のコマを選択して、キャプションを選んで、コメントを入れます。この時、メニューがテキストツールに移動していることに注意してください。

clip_image007

キャプション以外は、新たなコマが追加されます。タイトルは、先頭に1枚・クレジットは最後に1コマ追加されます。

キャプションは、縦書きテキストボックスはありませんが、1文字ずつ改行して箱を縦にすれば可能です。ここでは、1枚目の写真に余白を作ったので、ここに縦に入れています。

●音楽を追加する

スライドショー全体に、バックグラウンドミュージックを追加できます。ただし、音楽の追加は「著作権」が絡むので注意してください。ホームメニューの、音楽の追加を選ぶと、いわゆるfree音源のサイトを紹介してもらえるので、そこからダウンロードして入れてみます。いったん、パソコンにダウンロードして、パソコンから選ぶ方式です。FreeMusicArchiveを選びます。

clip_image008

clip_image009

そのサイトが開きます。

clip_image010

ここで探して、視聴(再生ボタン)してからダウンロードボタン↓でダウンロードします。

たくさんあるので、先にダウンロードしておいた方がいいでしょう。ダウンロードボタンを押すと、それをどうするか聞かれるので、「保存」を選びます。ダウンロードが終了したら、フォルダを開くボタンで、どこに何という名前で保存されたかわかります。基本的には、「ダウンロード」という場所に保存されています。

clip_image011

ブラウザも、フォルダも閉じて、ムービーメーカーに戻ります。

もう一度、「音楽の追加」を選んで、今度はPCから音楽を追加の、音楽を追加を開きます。

clip_image012

ダウンロードしてあれば、それが選べます。開くを押します。

clip_image013

これで挿入され、音楽ツールのメニューに移動します。

clip_image014

挿入しっぱなしにしないで、以下の設定をしておきましょう。

フェードアウトを普通にします。必要なら、フェードインも設定します。

clip_image015

音楽が突然なりだしたり、ブツッと切れないようにします。音楽の開始位置や、挿入位置も調整できます。

●MP4形式のファイルに保存する。

動画は、大きなファイルになりやすく、使いやすいサイズに保存する必要があります。自分で決めるのは面倒なので、ちょうどよい規格があるので、これを選びましょう。

お勧めは、youtubeの規格とfacebookの規格です。これは、大きな動画をアップしても、youtubeやfacebookが処理している形式です。

いったん、youtubeにアップして、処理されてからダウンロードする、という必要がありません。

facebookの方がメールやlineで見せるのに適した小さなサイズになります。DVDに焼いて、郵便で送るなら、コンピューター用や、高解像度ディスプレイ用を選んでください。

clip_image016

保存の際の名前は、半角英数でつけた方が良いです。

clip_image017

保存の際に、確認画面が出ます。

clip_image018

パソコンの能力によっては、時間がかかります。

clip_image019

閉じると、ムービーメーカーを終了させ、いいえを選びます。

clip_image020

ムービーメーカーが起動したまま、再生したりしないことです。終了させた後で、できたファイルを再生しましょう。ちなみに、変更内容とは、今編集したプロジェクト(作業手順)の保存のことで、ここでいいえとしてもmp4は出来ています。無駄な保存をして、PCの容量を食う必要はありません。