文字列処理関数の使い方


セルの内容を文字列と見なし、これを処理する関数群の使い方です。

覚えておきたい必須関数

関数名

機能

書式(A1は座標,nは数)

LEN

セルの文字数を数えます

=LEN(A1)

CONCATENATE

文字列を繋ぎます

=CONCATENATE(A1,A2,・・)

RIGHT,MID,LEFT

文字を抜き出します

=RIGHT(A1,n)

FIND

特定の文字列の位置を探します

=FIND(”文字列”,A1,n)

SUBSTITUTE

文字列を置き換えます

=SUBSTITUTE(A1,”前”,”後”)

使い方の例

LEN

文字列の長さを返します。
全角・半角や数字の桁数も計算します。

CONCATENATE

セルの文字列や、””でくくった文字列を繋ぎます。

RIGHT,LEFT
文字列を左右から指定した字数切り取ります。
MIDは、左から何文字目から何文字切り取るかを指定します。
FIND

文字列中の文字を検索し、左から何文字目にあるかを返します。

SUBSUTITUTE

文字列中の指定した文字を置換します。例は、comをco.joに置換しています。

応用1

LENで計算した文字数と、文字を結合しました。

応用2

FINDで計算した位置を元に、文字列を切り取りました。

エクセルファイルの例  ここをクリックすると、実際のエクセルファイルが開きます。(サイズ16KB)
  (ファイルはエクセル2000形式なので、97以降のエクセルがないと開けません)

表紙へ