ペイントで住所印(雅印)をつくる

右のような住所名(雅印)を作っておけば、メールや印年賀状などに貼り付けて使えます。この作成には、ペイントを使います。

角丸四角形ツールと直線・文字入力ツールを使います。PCに入っているフォントを選んで好みの文字で作れます。

若干大きめに作って、印刷時に縮小すれば、印刷品質は高くなります。右は、縮小表示をしています。

 

ペイントを起動し、変形メニューの「キャンバスの色とサイズ」を開きます。
幅・高さに300を入れて、OKします。

最初に、図形や直線の太さを設定するために、直線ボタンをクリックします。

パレットの赤をWクリックして、色の作成画面を出します。右下の赤緑青に、それぞれ255・51・0を入れます。半端な数字のようですが、この色はwebsafeカラーといって、インターネット標準色のひとつです。これを使うと、色の変化が少なくなります。

外枠・文字・直線の順で描いていきます。

完成したら、ファイルメニューの名前をつけて保存で保存します。いったんは、形式はそのままbmpで保存し、再度保存のメニューを開きます。

二回めは、種類をGIFにして保存します。
PhotoEditorがある場合は、ペイントでGIF保存しないで、bmp画像をPhotoEditorで開きます。

下のように、PhotoEditorで透過色を設定した後、ファイルの種類をgifに変えて保存すれば完璧です。

*bmp形式のままだと、ファイルサイズが大きく(263KB)、印刷で使うだけなら良いのですが、メールで送ったりはできません。GIF形式にすることで5KB(約50分の1)程度に小さくできます。

戻る