Windows Xpの お勧めの設定

 デスクトップを、右クリック・プロパティから

Windows Xp の設定は、必ずしもデフォルト(初期設定)は便利とは言えません。使い勝手を考え、自分で設定を変更した方が安心して使えます。以下は、デスクトップの場合のお勧め設定です。

 アイコンは、自動整列にしておきましょう。アイコンごとに位置を記憶させておくのは、メモリーの無駄遣いです。

もう一度この画面を出し、プロパティをクリックします。

デスクトップのページを開き、下の「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。
全般で、デスクトップアイコンを追加できます。マイコンピューターのみ表示します。
スクリーンセーバーのページを開き(図省略)、下の「電源」をクリックします。
電源設定の、スタンバイ・休止状態は「なし」にします。ハードディスクの電源を切るも「なし」の方が良いでしょう。詳細設定で、電源ボタンを押したときを「スタンバイ」にします。
システムスタンバイにはいると、復帰の際にユーザー選択画面が出たりして面倒なのと、ネットワークも切れてトラブルのもとになります。「システム休止」は、まだ使うのは怖いです。

 タスクバーを右クリック・プロパティから

タスクバーまたはスタートメニューの中で右ボタンをクリックすると、プロパティのメニューが出ます。ここの「カスタマイズ」ボタンをクリックして、スタートメニューのカスタマイズを開き、全般のページで「小さいアイコン」を選びます。巨大なメニューが若干小さくなり、すっきりします。
 スタートメニューの左の列には、よく使うものが並びますが、この数を調整したり、「一覧のクリア」で新規に並べることができます。
 さらに詳細設定のページを開き、「スタート」メニュー項目の2行目の、「・・項目をドラッグ/ドロップできる・・」のチェックを外しておきます。メニュー上でマウスをドラッグすると、メニューが移動したりデスクトップに落ちてしまうことがあります。これを防ぎます。
 OKで戻りタスクバーの設定ページに移動します(下右)。ここでは、タスクバーを固定する・クイック起動を表示するをチェックします。クイック起動は、標準では表示されません。

 フォルダオプションの設定

何かのフォルダを開き、ツールメニューの「フォルダオプション」を開きます。

表示のページで以下の設定をチェック・またはチェックを外します。

1.ネットワークのフォルダとプリンタを・・
 これは外しておくことを勧めます。
2.すべてのフォルダを表示する
 という方を選んで下さい。
3.縮小版をキャッシュしない
 チェックをお勧めします。
4.登録されている拡張子は表示しない
 チェックを外す方をお勧めします

この理由は、ここを参照して下さい。

*実際の画面は、スクロールボタンでスクロールしないと下まで見えません。

 表示メニューで、フォルダの表示形式を選ぶ

表示形式は、「アイコン」を選ぶ方が良いでしょう。

戻る