HTMLタグの基本

 HTML(HyperText Markup Language)といえばTAGであり、 タグの種類と使い方を覚えるのが、ホームページ講座でした。タグを覚えて、これをメモ帳に打ち込んでページを作る(タグ打ち)のが自作ページでした。しかし、タグをすべて勉強しても、現代のWebは理解できません。タグを打つだけなら、適当なホームページ編集ソフトがあります。ホームページ作成を、旅行に例えれば、タグ打ちは「徒歩旅行」のようなものです。タグを理解して、編集ソフトで作成しそれをテキストエディタで修正する、というのが「ドライブ旅行」です。JALPacで飛行機で旅行するのが「ブログ」を使ったホームページ作成です。今は、そのような時代ですが、敢えて一部手で編集という作り方もあると思います。そのために必要な、最低限のタグ知識習得を目指します。

タグとは、< >で挟まれた文字列で、これはページを開いた時のは表示されず、ブラウザ内部で処理されるコマンド(命令文)です。コンピューター用の記述で、プログラムのようなものです。 タグは、<p>文章が入る</p>のように、pというタグが、/pという終了のタグとセットになっています。タグとタグの間の中身が、この命令の影響を受けます。 タグの中には、終了が無いものもあります。<br>は、ここで改行という意味で、これだけで完結します。新しい規格では、そのような場合<br />のように、最初から/の入ったタグを使います。
<meta name="keywords" content="" /> の半角スペースで仕切って、name=””のように追加の設定をするオプションを持つものもあります。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

これは、ページのhtmlのバージョンを表すもので、この一行を必ず入れるよう、国際基準から指導されるものです。
本来のヘッダータグは、<head>と</head>で挟まれた部分です。cssとjavascriptの使用を宣言し、文字コードを宣言します。
文字コードは、基本的にはブラウザ側で自動判定してくれます。しかし、環境によって文字化けしないよう、正しく宣言しておきます。
また、<title></title>に挟んだ文字列をページタイトルにします。その下の2行は、contentオプションに文字列を入れることで、ページの紹介コメントや、検索の際のキィワードを指定できますが、現代の検索エンジンは、ページ全体の記述を拾ってくれるので、敢えて指定しないことが多いです。というより、ページの作者によって、無意味なキィワードを設定されることを嫌って、ここは検索エンジンが読まない場合もあります。

<head>   例です。
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<title>HTML講座</title>
<meta name="description" content="" />
<meta name="keywords" content="" />
<link rel="stylesheet" href="base.css" type="text/css" media="screen" />
</head>
<link は、cssファイルを外部に置く場合、そのリンク先を指定するものです。

タグの構造

<html>と</html>の中に、<head></head>と<body></body>が入る入れ子構造になっている。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
 <head> 各種定義 </head>
 <body>
  ここが、ページの中身
 </body>
</html>

本来、bodyの外や、htmlの外はページには表示されないものであるが、実際はそうでもない。

必須習得タグ

 これだけはHTML書式で書かれたファイルは、ソースと呼ばれます。拡張子はhtmまたはhtmlの4文字ですが、windows初期には、ファイルの拡張子は3文字という習慣があったため、htmが使われていましたが、現代はほぼhtmlの4文字形式になっています。どちらでも使えますが、敢えて古い規格を使う必要はないでしょう。htmlのファイル名は、半角しか使えません。

もう一つ、ソースファイルについて注意が必要なのは、文字コードです。ファイル名は半角ですが、中身の文字は日本人用のページには、当然日本語が使えます。日本語を使う場合、全角文字のコードには複数あり、これが「文字化け」というインターネット独特の現象の元でした。多く使われてきたものが、shift-JISとJISという2種類でした。パソコンの世界では、Shift-JISが常識だったこともあり、ホームページはShift-JISが標準でした。 しかし、今はよりグローバル対応のUTF-8が標準です。

Designed by CSS.Design Sample